ブラジル サンパウロW杯開幕会場の屋根が崩れて死者がでた!

スポンサードリンク


 

ブラジル サンパウロW杯開幕会場の屋根が崩れて死者がでた!

 

2014年サッカーワールドカップ ブラジル大会に向けて日本でも代表選手の

強化試合が続いている最中、当事国のブラジル サンパウロ市イタケラ区に

建設中の開幕会場の天井「屋根」が落下し、多数の死傷者が出たとして

話題になっています。

 

落下した屋根はちょうど観客席の上部だったらしく、少なくても2名の作業員が

死亡したと報道されています。っと言うか!実際に開幕しお客さんにでも落下

したら今以上に大事に至る恐れがありましたよね!!

 

この会場は来年度の早い時期に完成させる予定だったそうで、その工期に合わせて

急いだことで今回の事故が起こった恐れがありそうですよね!!

 

今回の事故により工期?どころではなくなったようで、さらに工事の遅れが懸念

されているようです。今のところ分かっているだけでも事故原因の調査などの為、

30日間の工事中止が決定したらしいです。なので始から急がずに「丁寧な仕事」を

していれば、工期に近づいた完成が出来たのに・・・って関係者は苦やしながら

感じているのではないでしょうかね!日本では「安全第一」なのでまず考えられない

事故ですけどね!

 

ただ、現在伝えられている事故原因は「屋根の取り付けの際に地面が陥没した」っと

報道されているようなので、もしかしたら「作業の不手際」では無く「不慮の事故」に

なる可能性もあるらしいのです。

 

っとなると!完成工期問題よりも「事前の現場調査」が疎かになっていた恐れの方が

強いのかも?しれませんよね!!

 

世界から大注目されるイベントなだけに、今回の事故はある意味「水を差す」結果に

なったと思われることから、悪いイメージを払拭させる意味でもブラジル全土を挙げて

会場完成に務めて欲しいものですよね!

 

日本サッカー協会公式 ⇒ http://www.jfa.or.jp/

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です