軽自動車税の値上げはいつになるのでしょうか?

スポンサードリンク


人事ならぬ発表に思わずブログを更新してしまいました。その「人事
ならぬ」情報とは日本の総務省が軽自動車の税金を大幅に値上げする
っとの見解を発表したことです。もともと軽自動車は市町村に収める
税金として安かったのは事実ですが、何故今になって税金を上げるのか?
本当に疑問を感じている方も多いと思いますが、どうもTPPが関係して
いるようです。もしかして今回の改編によって自民党の首が危なく
なるような気がしますけど?

マスコミの見解によると、軽自動車税の値上げはいつからか調査した結果
2015年度当たりが目標とされているようで、この時期に自動車
所得税が廃止されるため、その代わりの財源として今回の軽自動車税を
向けるようなのです。また今日、日本がTPPに参加する上でEUや
アメリカから軽自動車の税金が低過ぎるため、関税が引き下げ・撤廃に
なったとしても軽自動車の需要が減らずに車の自由化に関してはTPPの
意味が無いと思うので、今の政権も対応に苦しんだあげくの対策に
なったようにも思えます。でもそうなっても税金の納入先が市町村で
収まるのでしょうか?結局表向きは軽自動車は「遠距離」の割合が
低いため市町村内の利用が多くなるはずなので市町村の税として道路の
管理・運営に回されていたと思いますが、そのような意味での税に
対して国がトヤカク言うのであれば国税に切り替わる恐れはかなり高く
本末転倒の事態に成りかねません!もし軽自動車の税金が上がれば
地方からの苦情は増えると思うし、何よりも軽自動車の人気を支えていた
部分の大半は「自動車税の安さ」なのですから、自民党に対しての
国民からの怒りが上昇することは間違いありません。つまり今の
世界状況下ではどの政権が運営しても国民の生活が全く良くならない
「証」の一つを象徴していると感じさせられました。どのくらいの
値上げ幅か?金額か?っはまだ分かりませんが実際に値上げに踏み切れば
現時点よりも滞納する人が増える恐れがあるので、逆に税金の徴収率が
落ちるように思うのは私だけでしょうか?

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です