家政婦のミタ 続編で注目の中!韓国でも話題に?

スポンサードリンク


日本テレビ系列で放送されていた高視聴率テレビ番組「家政婦のミタが続編」で
帰ってくる!っとの噂があり一部メディアで話題になっていましたが、今度は韓国
、いやむしろ日本で?人気の韓国女優の「チェ・ジウ」さんが韓国版「家政婦の
ミタ」に出演し主人公の「ミタ役」を務めるとの韓国側発表で両国で話題になって
います。日本では元主演女優の「松嶋奈々子」さんが家政婦のミタ続編に出演する
とか?しないとか?で話題持ちきりですが、韓国では「あやしい家政婦」と題されて
放送されるとの事で注目されているようです。

この主人公役は「ロボット婦」と私は命名?していますが、それだけに難しい
役柄であることは間違いありませんが、チェ・ジウさんがどんな「ロボット婦」を
演じるか?あるいは日本版とは別の路線で制作するのか?今から楽しみですね。
って言いますか、日本では放送されませんけど・・・
チェ・ジウさんも「新たな演技を見せる」と意気込んでいるコメントをしたと
報道されていますので、多分番組内容は日本版と同じように思えるし、もしチェ・
ジウさんが「ロボット婦」をやるとすれば日本人が今まで描いている「冬のソナタ」
のチェ・ジウさんのイメージが消えて無くなると思うので、今後チェ・ジウさんが
どの方向で芸能界で活躍?されるのかも楽しみなところでありますね。

家政婦のミタと言えば、私が思い出でにある事で斉藤和義氏の「やさしくなりたい」
が使われていたことが記憶に新しいところであります。何故かと言うと、この曲を
聞いてから斉藤氏を久しぶりに見たし思い出したし、何よりも斉藤氏がこの曲が
家政婦のミタで使われてからマスコミやテレビ番組に引っ張りだこになって、沢山の
方に知られたと思うし、斉藤氏の素晴らしい音楽性を各関係者に再度知れ渡った事
だと思います。その結果かどうか?は分かりませんが、家政婦のミタの最終回終了後
「やさしくなりたい」のダウンロード数が急増しレコチョクデイリーランキングで
初の1位を獲得し、さらに2012年にNHKの年末ビッグ番組「紅白歌合戦」に
初出場を果たしました。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です