スマホ難民が急増中!

スポンサードリンク


2013年に入り「スマホ難民」が急増しているとこが話題になっています。「スマホ難民」とは、

スマートフォンを買ったのに十分に使いこなせない人達、俗に言われている「スマートフォン

音痴」の人達です。1990年代から急激に普及した携帯電話ですが、2000年を過ぎると

機能的にもデザイン的にも飽和状態に陥り、各携帯電話会社の販売台数も減少し、ハードの

値段競争よりもソフト面での争いとなっていましたが、2007年頃になると携帯電話のスタイルで

ありながらパソコンの機能と遜色ない端末のスマートフォンが誕生し挙って各携帯電話社も

ハードの販売へとまた切り替わりました。スマートフォンは通常の携帯電話と大きさやスタイルなど

変わりないのですが、ネット通信の高速化や本体機能の技術向上によって急激に普及がされ、

誰でも手軽に手にできる端末となって、子供からお年寄りまで普及がされたのですが、スマート

フォンと呼ばれるだけあって、タッチパネルでコンパクトに操作する方式を採用しているために、

従来の最低限の携帯電話としての操作方法であった「通話するボタン」「通話終了のボタン」が

なくなった為に、操作に戸惑うお年寄りなどが急増し「スマホ難民」と呼ばれる国民が増えました。

そのため携帯電話会社に対する批判が急増し、危機感を感じた各携帯電話会社では、その

対応としてスマートフォンに機種変更したユーザーに対して通信販売で適用されている「クーリン

オフ」制度を採用し、返品を受け付ける体制を整え始めたと言われています。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です