菊池雄星の嫁「深津瑠美」もビックリ!?まさかの松ヤニ疑惑

スポンサードリンク


岩手県盛岡市出身で美人フリーアナウンサー「深津 瑠美」さんを嫁に持つ「菊池雄星」投手が
メジャーリーグ「マリナーズvsヤンキース」戦で、まさかの松ヤニ使用疑惑が浮上し
話題になっています。

2019年5月8日に開催されたマリナーズvsヤンキース戦でマリナーズ投手として先発し
試合途中まで見事な好投ぶりを披露し、自身メジャーリーグでは初となる8回途中まで
投げ続けていました。

しかし、あまりの好投ぶりに敵チーム(ヤンキース)もおかしく感じたのか?チーム内で
菊池雄星投手が「松ヤニ」を使用していることを取り上げ、ヤンキースの監督
「アーロン・ブーン」氏の耳にまで入り、試合後に確認したようです。

本当に持参していたのなら、どこに隠していたのかは定かでありませんが滑り止めとしての
使用であるので、手に何らかの物質を付けての投球となったはずです。

「癖」なのか?その手で投球前に帽子の「つば」を掴んでいたことで「つば」にも何らかの
物質らしきものが付着し、後にそれに気づいた米メディアから注目が集まっていました。

ただ、米メディアによると「松ヤニ」は事前に帽子のつばに付けていたとの見解で、
投球前、帽子のつばに触る度に松ヤニを指に付着させていたとのことです。

確かにメディアの疑惑文と同時に掲載された投球前の菊池雄星氏の帽子のつばを見ると
何らかの物質らしき異物?が付着されており、ツイッター上でもその話題が掲載され
拡散されていました。

基本的に、日本でも大リーグでも「松ヤニ」の使用は禁止されているらしく、
もし使用すると即刻退場処分となりその後の試合への出場にも大きく影響するようです。

菊池雄星氏は高校時代から真面目で練習熱心な人物であったので、今回のような「疑惑」が
報じられる選手とは思えませんが、以前から「勝ち星」がなかなか手に入らず、しかも
しばらくの期間「不調」が続いていたことも影響したのか、各米メディアから大きく
取り上げられていたようです。

通常メジャーでは、隠れて松ヤニを使用している選手は結構いるらしく多分選手内では
それほど問題視している選手はいないと思われますが、あまりにも「露骨」に写真が
撮られたこともあって米メディアから叩かれているようです。

美人で有名なフリーアナウンサー「深津瑠美」を妻に持つ菊池氏ですが、本当に疑惑が
真実だったら妻の仕事への影響も懸念されるところでしょう。

せっかく夢でもあったメジャーリーガーとなったのだから、日本人出身の投手として
頑張って頂きたいものです。

 

■ 菊池雄星プロフィール

本名
菊池雄星
読み
きくち ゆうせい
生年月日
1991年6月17日
仕事
野球選手(投手)
出身地
岩手県盛岡市
所属事務所
シアトル・マリナーズ
血液型
O型

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です