急性大動脈解離 生存率はいくら??

スポンサードリンク


急性大動脈解離が話題になっています。急性大動脈解離の生存率は、
処置の仕方によっても変わりますが、内科的の場合30%、手術を行った
場合は70%と言われています。急性大動脈解離は「血管」の病気で、
その中の「大動脈」内の壁が乖離して起こる病気です。大動脈は3層に
なっていて、何らかの理由でストレスがかかると内部の壁が一部剥がれて
一番外側の丈夫な壁にまで血液が流れ込み圧力がかかります。
そこまでの状態になると突然激痛が起こり、最悪の場合動脈の外壁までも
破れると大量の内出血で死亡するケースもあるようです。以前この病気で
お笑いの加藤茶さんが病院に運ばれ、長時間の手術が行われたことが
ありましたね!!

この病気は「血管(大棒脈)」の異常で起こる病気なのでどの部位で
発症するか分からないのすが、大動脈の多くある胸(心臓付近)や背部・
腰部などに起こるケースが多いようです。なので発症するのが突然で、
自分が健康体と思っている人も発症することがあり死にまで至ることは
ありませんが、緊急入院する人もいるようです。

治療は基本的には内服薬で行いますが、心臓付近の大動脈が破損して
内出血が大量になると心臓が圧迫されて緊急停止してしまう恐れがある為
手術されるケースがあります。

スポンサードリンク