丸山桂里奈天敵は本並健治だった?おしり叩かれ指導?経歴は?実家や家族は?

スポンサードリンク


元サッカー女子日本代表選手で、現在大手芸能プロダクション「ホリプロ」に所属している
「丸山桂里奈」さんが自身サッカー人生時代の恩師であろう人物「本並健治」元監督を
嫌っていた?・恐れていた?疑惑が浮上し話題になっています。

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

桜の見る会にお招きいただきました??????桜が待ってましたよ言わんばかりにもはや、桜がニコニコと笑い倒していました?????? なかなかこのような機会は現役引退してからは、なかったのでとてもまた新たに清々しい気持ちになりました???? 一度仮眠してからまた夜です??おやすみなさい? #桜を見る会 #振袖 #結婚したら着れなくなるからね #渋い色でかっこいい #IKKOさんが振袖を褒めてくれました #熊木先生に着付けてもらいました #とても斬新な感じですきです #ケロロ軍曹より #カッパより #カエルより #ワニより #緑 #沢山の皆さんに会えて #縁起をいただきました #ありがとうございました #仮眠します #いい意味で #インスタバエ

丸山桂里奈さん(@karinamaruyama)がシェアした投稿 –


引用【インスタグラム(karinamaruyama)】

 

丸山桂里奈さんと言えば、誰もが知る「元女子日本サッカー代表選手(なでしこJAPAN)」で
2011年度にドイツで開催された「FIFA女子ワールドカップ」で日本優勝に大きく貢献した
選手として超有名ですよね!

同年にはその功績が認められ「なでしこジャンパン」に「国民栄誉賞」が授与されました。

この「国民栄誉賞」には異例のプレミアムがたくさん付き、団体での受賞は初!

さらに男女通してサッカー界では初の「国民栄誉賞」受賞!

さらにさらに、サッカー日本代表をサポートしていたドイツを本社にもつ日本系列会社
「アウディジャパン株式会社」からメンバー独り一人と監督に「アウディ車」を無償で
全員に贈呈され話題になっていました(但し3年間の無償リース)

同年には「未曾の被害」となった「東日本大震災」が発生し、たくさんの財産が消滅し
近年になってからは経験したことのない大災害に見舞われ、日本国中が「暗く悲しい」
状況下にあったのに、なでしこジャパンの大活躍によって被害者の皆さんに勇気と
希望を与えてくれたことを今でも鮮明に記憶しております。

実は「丸山桂里奈」さんは2005年に東北大震災で一番衝撃的ダメージを受けた
「東北電力」に就職された経験があり、会社のサッカー部「マリーゼ」で活動していました。

入団同年には同チームで最多得点を上げ「新人王」に輝いたこともあるそうです。

その関係もあり震災後に行われたワールドカップでは、自分なりの責任も感じていたのか
準々決勝の「ドイツ戦」後の記者会見で「東北の人達のためにゴールを決めました」と
力強く答えていたことを私は記憶しております。

そんな素晴らしい「偉業」を成し遂げた「なでしこジャパン」のメンバーでもある
「丸山桂里奈」さんなのですが、最近では「国民栄誉賞」受賞者とは思えぬ「振る舞い」
「発言」で世間から注目され、ある意味「単なるタレント」と呼ばれるほどに低迷し、
以前の活躍はウソだった!等と言われているようです。

長いサッカー人生の中で国内外通して様々なクラブを渡り歩き経験豊富な桂里奈さんですが
2012年から加入した大阪府高槻市が拠点のクラブ「スペランツァ大阪高槻」で、初めて
当時監督であった「本並健治」氏と出会い、かなり厳しく鍛えられたそうです。

 

 


引用【ツイッター(#本並健治)】

と言うのも「本並健治」氏には運営会社からチーム低迷の「底上げ」と、なでしこリーグ
1部への昇格を望まれての監督就任だったそうで、否応なしに練習は厳しくなって
当然な状況だったのでしょう!

監督就任と同年に丸山桂里奈さんも入団しているので、チーム再建が望まれていることを
知っての入団なら問題ないのでしょうが、むしあまり深く考えないでの入団を選んだのなら
ある意味「不運」だったといえるのか分れいませんが、それほど練習はきつかったそうです。

なので当時、日本女子サッカー選手内でも超有名だった丸山桂里奈と、監督の練習を見ていた
周りのスタッフ・選手から二人は「天敵の存在?」と思われていたのかも知れないですね?

ただ2016年にのシーズンオフで丸山桂里奈は現役から引退をしているのですが、
その後二人の交流は続いているようで、2018年には自身の事務所(ホリプロ)主催で
「いまさらサッカー教室」と題し子供達メインのサッカー教室を催したようです。

 

 


引用【ツイッター(#本並健治)】

 

本並健治氏は元々「ゴールキーパー」として活躍していたので、フィールドプレーは
桂里奈さんが教え、ペナルティーゴール付近は本並氏が指導したのでしょうか?

「天敵の仲」と思われつつ、今では楽しく接しているようです。

 

スポンサードリンク

 

◇ 丸山桂里奈さんの経歴は?

 

丸山桂里奈さんは東京都大田区生まれの36歳(2019年)です。

結構「田舎」っぽい素振りやスタイルを見せているので「田舎者」かな?と
思っていたのですが、いがいや意外!東京のド真ん中に暮らしていたそうです。

ご両親は「共働き」だったのでしょうか?年上の兄と遊ぶ機会が多かったらしく、
それが影響したのでしょうか?小学校に入学してからサッカークラブに加入したそうで、
そこから徐々にサッカー選手の「才能」が目覚めていったのでしょう。

中学生になると、現なでしこリーグ所属の1クラブ「日テレ・ベレーザ」の下部組織である
「読売メニーナ」に入団しています。

「日テレ・ベレーザ」はJリーグ所属クラブの中で最も歴史ある「読売サッカークラブ
(現:東京ヴェルディ)」の女子チームとして発足されたチームで、その「中学・高校生」を
対象にしたチームが傘下の「読売メニーナ(現:日テレ・メニーナ・セリアス)」です。

そこで本格的にサッカーを始め、プロのスタッフから見守られながらひたすら練習に
励んでいたそうです。

その後、東京文京区にある私立女子高校「村田女子高等学校」に進み所属していた
「読売メニーナ」から退団し校内のサッカー部に入部したそうです。

この高校のサッカー部は「全国高等学校総合体育大会」で優勝した経験がある部活で
丸山桂里奈さんは「プロ志望」よりもサッカー大会での「タイトルホルダー」に
興味を抱いたのでしょうか?プロクラブの傘下チームから抜けたようです。

女子高生としてのサッカー人生をスタートさせると、プロクラブの下部組織チームとはいえ
プロスタッフの基での練習で鍛えていたことが功を称したのか!サッカー部内では
早い段階から才能が開花し、全日本高等学校女子サッカー選手権で「上位の成績」を
収めたそうです。

その後、高校を卒業すると「大学スポーツ校」としておなじみの「日本体育大学」へ進み
「体育学部体育学科」を選考したそうです。

高校時代から「全国大会」で女子サッカー選手として活躍していたので、学生レベルでは
相当上の方に鍛えられていたようで、大学に行ってサッカーを始めた早い段階から
チーム内で活躍が目立つようになり、大学在学中に全日本大学女子サッカー選手権で
何度も優勝に貢献し、さらに日本女子サッカー代表選手に選ばれ「ワールドカップ」や
「オリンピック」に出場する機会に恵まれ、大学時代に既にプロ選手の一員として
活躍していたそうです。

その後、社会人となり各企業に就職し「プロサッカー選手」としての活躍が始まりました。

 

スポンサードリンク

 

◇ 丸山桂里奈さんはおしりを叩かれて練習してたの?

 

丸山桂里奈さんと言えば何故かネット界から「おしり」のイメージがもたれているそうです。

私はてっきりプロリーグで活躍している時に所属チームの監督やスタッフから「尻を叩かれ」
練習に励んでいたのをネット界の皆さんが面白おかしくネタにしているのかな?と思って
いたのですが、それは全く違った見解だったらしく本当に「おしり」が問題?話題?になって
騒がれた事があったそうです。

なんと!実際に自分の「生おしり」を公の場で披露したのです。

その始まりはTBS系列で放送されているニュースバラエティー番組「サンデー・
ジャポン」に出演した際、日本女子サッカー代表のグループリーグの勝敗を予想したらしく
予想が外れた場合「おしりを出します!」と公言したことからのようです。

結果は見事に外れ「本当に出すのか!」とか「別に見たくない!」などの声が伝えられる中
週刊誌より「丸山桂里奈公約どおりお尻見せます」等と題して生おしりを披露したようです。

 


引用【ブログ(みんなのエロ画像)】

 

丸山桂里奈さんのご自宅は東京都大田区にあるらしく、両親と年上の兄が居るそうです。

ご両親は「共働き」で働いていたのでしょうか?お父上は「丸山敏雄」さんと言って70代の
高齢者で、元「料理人」をされていたそうです。

お母様は「丸山慶子」さんと言って「介護職員」として今もご活躍のようです。

なんとお母様!実は昔「モデル」業をされていたそうで、当時からかなりの美人さんとして
有名だったそうです。

お兄様のお名前までは分りませんでしたが、丸山桂里奈さんより4歳年上で小さい頃から
妹を可愛がって育てていたそうです。

噂では丸山桂里奈さんがサッカーを始めたきっかけは、この兄の影響も少なからずあると
言われているそうです。

しかし何故か?この「お兄さん」は既に亡くなっている?などの噂がネット界で広がって
いるらしく、調べると丸山桂里奈さんが以前出演されたテレビ朝日系列で放送されている
トークバラエティー番組「しくじり先生」に講師役で出演した際の様々な発言から
兄の死亡説!弟が居たが発達障害で死亡した説?さらに兄弟全員が障害をもっていた説等が
ネット界で噂されるようになり、もちろん真実ではないと思いますが一時、大きく話題に
なったことがありました。

なのでトークバラエティー番組「しくじり先生」に出演したことは、想像以上に反響が
あったことの裏付け?になったようです。

有りもしない「デマ」が流されるほど、有名人の「仲間入り」した証拠なのでしょうか?

 

 


引用【インスタグラム(karinamaruyama)】

 

■ 丸山桂里奈プロフィール

本名
丸山桂里奈
読み
まるやま かりな
生年月日
1983年3月26日
仕事
タレント・元女子サッカー選手
出身地
東京都大田区
所属事務所
ホリプロ
血液型
O型

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です