延和靖フェンシング世界1位!自慢の筋肉もウキウキ?結婚子供は?

スポンサードリンク


フェンシング日本代表選手で「イケメン」として女性達から人気のある「見延和靖」選手が
自身最高で、しかも日本人男子「エペ」で初となる世界ランキング「1位」であることが分り
話題になっています。

 

 

引用元【ツイッター(スポーツ猫)】

 

日本フェンシング選手と言えば、ロンドンオリンピック/北京オリンピックで大活躍された
「フルーレ」種目の一人者「太田雄貴」選手が有名なところですが、最近のフェンシング界で
密かに女性達か「イケメン」として親しまれている選手が「見延和靖」選手のようです。


引用元【サイト(ウィキペディア)】

 

その「見延和靖」選手がこの度、国際フェンシング連盟が定める「世界ランキング」の
更新で、男子フェンシングで以前の2位から1位へと「昇格」したことが分かり
関係各所より喜びの声が伝えられているそうです。

最近の「見延和靖」選手は国際大会グランプリで連勝中、ワールドカップでは「優勝」に
輝いたりと、世界レベルでの活躍が目立っており、それも評価の対象となったのでしょう。

 

ちなみに現在(2019年度)の世界ランキングは以下の通り↓↓↓

第1位 見延 和靖(日本)
第2位 ヤニック・ボレル(フランス)
第3位 ルーベン・リマルド(ベネズエラ)
第4位 ボグダン・ニキシン(ウクライナ)
第5位 朴相泳(韓国)
第6位 ドミトリー・アレクサニン(カザフスタン)
第7位 アンドレア・サンタレッリ(イタリア)
第8位 加納 虹輝(日本)
第9位 ユレン・ペレイラ(スペイン)
第10位 ローマン・スビチカル(ウクライナ)

 

「見延和靖」選手とフェンシングの出会いは学生時代のようで、始めたきっかけは
「父親」の熱い勧めもあって「エペ」を持ち始めたそうです。

 

 

幼い頃はどのようなお子さんだったのかは?分っていませんが「フェンシング」を初めて
直ぐに才能に目覚め、出場する大会では輝かしい成績を収めているので、きっと運動が得意で
フェンシングで特に必要とされる「瞬発力」が鍛え上げられていたようなので、体内全般の
筋肉発達も含め考えると「陸上競技」あたりを行っていたのではないでしょうか?

特に「やり投げ」なんかは、まさに「フェンシング」に向いていたのではないでしょうか?

ただ「戻る」「下がる」「引く」の運動は「やり投げ」にはありませんが・・・?

さらに「イケメン」ぶりを見ると親御さんも相当な「美形・美人」なのではないかな?

フェンシングを始めた当初は「フルーレ」と「エペ」の両種目で厳しい練習を行って
いたそうですが、大学(法政大学)進学と同じ頃から「エペ」に専念するように
なったそうです。

やはりどんな人でも「センス」や「才能」は皆違うわけで、様々やってみない事には
見つからない・分らいことなので、見延和靖選手に一番合っているのは「エペ」だと
ようやく気付いたのでしょう。

それが見事にマッチ?したようで、法政大学当時は「関東リーグ」「全日本大学対抗」
「全日本王座決定戦」「全日本選手権」のエペ団体部門に出場し見事全ての大会で
優勝を果たしていたそうです。

なので大学時代か既に、関係者やフェンシング協会から注目されていたらしく、
大学卒業後の「活動拠点」をどこにするのか?心配されていたそうです。

そして卒業後は群馬県高崎市に本社を構える「ネクサス株式会社」に就職し、
社内事業の一つ「フェンシング事業」での活動をスタートさせます。

この会社は「スポーツ」に力を入れているらしく、フェンシングの他に「レーシング」活動
ロードレース・プロバスケなどの「スポンサー」として協力参加しているそうです。

なのでフェンシングの「技術向上」には最適な会社に入社されたと言えるでしょう。

しかしその後の成績は今ひとつで、国内レベルでは世界に通用しないことを自覚したのか?
会社在任中に「イタリア」へ出向き「単身武者修行」を断行したそうです。

その修行の成果は必然的に表舞台で発揮されるようになり団体戦で銀メダルを獲得したり
個人戦でも常に上位をキープし「優勝」の回数もドンドン重ねて行くようになります。

迎えた「2016年リオデジャネイロオリンピック」では6位入賞を果たし、
2020年、地元日本で開催される東京オリンピックのフェンシングでは誰よりも
メダルが期待されている選手の一人です。


引用元【サイト(ウィキペディア)】

 

スポンサードリンク

 

◇ 見延和靖選手の結婚や子供は?

 

見延和靖選手はフィンシング界の中でも「イケメン」として有名です。

なので嘸かしモテていると思われているので当然、彼女の一人や二人?居ることでしょう。

しかし現在の年齢は32歳(2019年)なのに今だに「独身貴族」だそうです。

では「彼女」は居るのか?それも分りません・・・ですが、それらしき女性が居ると
伝えられた事があります。

まずは↓↓↓

引用元【サイト(FOLKVISUAL JAPAN)

見ての通りの「お似合いカップ」ですが、女性騎士は女優「黒木メイサ」さん似で有名な
「才藤歩夢」選手です。

「美男・美女」の騎士同士なのでカップとして疑われてもしかたないところなのですが、
残念ながら「交際」はなさそうです。

ただ、やはり同じ「剣士」競技人として話も合うと思うし、大会でも度々合っていると
思うので「友達」関係ではあるかも?

 

続いて↓↓↓

引用元【ツイッター(はぴりゅう☆HAPPY-Ryu_official)】

 

2人揃ってのお写真。お隣の女性は同じくフェンシング女子選手の「中野希望」選手です。

実はお二人、ご出身が同郷「福井県越前市(旧:武生市)」で、しかも種目も同じ「エペ」で
競技しています。

なので「フェンシング」の話はもとより、故郷の話もできるし学生時代の話などで
盛り上がれるはずなのでお似合いのカップなのかも?ですね。

ただ年齢が離れ過ぎていることが「玉に瑕」なのですが・・・?

結局のところ、やはり同じフェンシング関係者が「彼女」候補にされるのでしょうか?

いずれも世界を股にかけて活躍している女性選手でしょうから、同じ業界ないでの
「恋愛話」は避けて頂きたところです。東京オリンピックも近いし・・・?

 

 

■ 見延和靖プロフィール

本名
見延 和靖
読み
みのべ かずやす
生年月日
1987年7月15日
仕事
男子フェンシング選手
出身地
福井県越前市
所属事務所
NEXUS株式会社
血液型
B型

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です