シュートボクシングMIO現役引退?身長・体重・本名は?芸能界入りは?

スポンサードリンク


日本女子格闘家でも数少ない「シュートボクシング」選手の「MIO」さんが、2019年
7月4日に自身運営のSNS(インスタグラム)を更新しシュートボクシングから
「引退」することを発表し話題になっています。

あまりにも「突然」の発表だっただけに、ファンや関係者から驚きの声が多数伝えられ
今までのMIOさんの「人気ぶり」を伺わせていました。

 

м?оさん(@mio_2630)がシェアした投稿 –

引用元【インスタグラム(mio_2630)】

 

引退発表したインスタグラムでのコメントは↓↓↓

応援してくださる皆さんへ。突然のご報告となり、申し訳ありません。この度シュートボクシングを辞める事になりました。16歳でプロデビューし今までの8年間たくさんの応援ありがとうございました。関係者の皆さまにもお礼を申し上げます。皆さんの期待に応える事が出来ず本当に申し訳ありません。これからの活動については少し休ませてもらってから、ゆっくり考えたいと思います。本当にありがとうございました。

 

 

MIOさんは2019年6月2日に開催された「RIZIN.16」への出場が決まって
いたのですが、2018年の年末に放送された「AbemaTV」でも人気が高い「格闘代理戦争
3rdシーズン」に参加し、見事「判定勝利」を収めたのですが、その練習中に「足首」を
痛めたらしく、その後の体調が心配されていました。

 

 

引用元【ツイッター(MIO)】

 

この試合はMMAルール(総合格闘技)で行われたので、通常のシュートボクシング試合より
ダメージを多く受けやすく、さらに「判定」迄もつれたので負傷を隠していたMIOさんへの
ダメージは相当大きかったと思われます。

さらに対戦相手もは、全日本アマチュア修斗女子フライ級優勝者の「檜山美樹子」選手との
対戦だったので「判定」が物語っているように厳しい試合であったことは間違いありません。

ただ見ている方は「MMAルール」で楽しませて頂きましたが・・・。

なので、ご自身や関係者・スタッフも「調整」しながらの練習を繰り返し行って来たと
思われますが、やはり足の調子が思いのほか悪かったそうでトレーニング中に再度
痛めてしまったらしく、病院で詳しく検査したところ「有痛外脛骨」と診断されたそうです。

そのため7月21日に東京・浅草花劇場で開催予定の「Girls S-cup 2019」への出場が
主治医の意向で「欠場」することが決まり「初代SB日本女子ミニマム級王者」のベルトを
試合をせずに「返上」することになったそうです。

さらにこの試合は昨年、同階級(~48kg)の決勝戦でイタリアの格闘家「イリアーナ・
ヴァレンティーノ」に破れ、「リベンジ」がかかった試合でもあっただけに、自身にとって
本当にショックな結果になってしまったと思います。

シュートボクシングは「寝技」が無い「立ち技」のみの格闘技で、キックボクシングに
「投げ技」をプラスした感じの格闘技です(立った状態なら関節技もOK)

なので重心を支える足、特に「足首」に掛かる負担はもの凄く大きく、その部分を
負傷することはシュートボクシング選手にとって「生命の危機」と言っても過言では
ありません。

それを踏まえMIOさんを担当した主治医は苦渋の選択で「ドクターストップ」に
踏み切ったと考えられます。

この「有痛性外脛骨」とはどのような病気?と言うと足首の内がにある「出っぱった骨」
「内くるぶし」で無い骨↓↓↓、その下部の骨が痛み出す症状のことです。

 


引用元【サイト(NAVERまとめ)】

 

この骨は体が成長期の時に「激しい運動」を行い足首に負担を大きくかけると骨が大きく
膨らみ、痛みを伴うことがあります。

しかし時間が立てば痛みが引き骨の膨張も収まります。

ただ成人を超えてからは突然急激な痛みなどは起こらず、特に足首に負担がかかった場合
あるいは打撲・捻挫などの外的衝撃を与えた場合に限り痛みが発症することがあります。

それともう一つ!唯一「突然の痛み」が起こるケースがあり、それは「痛風疾患」を
発症した場合です。

痛風は「足の親指」に発症することで有名ですが実は、それだけでなく体の末端部分に
発作が起こるケースも多いです。

なので「外脛骨」のように骨が飛び出ている部分に発症が起こるケースもあり現に私は
この「外脛骨」に痛風発作を起こした経験があります。

 


引用元【サイト(痛風とは?痛風の紹介)】

 

しかし「痛みも生じる」し「骨の変形」も起こりますが、それは一時的なものでいずれは
治ります。

多分人間が本来持っている「免疫作用」が体を正常に戻す働きを起こし痛みや骨の変形を
元に戻しているのだと思われいます。

なので、MIOさんに起こった「痛み」も安静にし、しっかり治療を行えば「必ず治る」
はずの病なので、シュートボクシングを引退する必要はないと私は思ったのですが何故?
引退を覚悟してしまったのでしょうね?

それは、体の痛みよりも自身が力で勝ち得た「女子ミニマム級」のベルトを何もせずに
返上することに対する「精神的ショック」が一番の原因だと私は感じました。

今回の件に関してシュートボクシング協会からのコメントでも↓↓↓

協会の一部の人間には連絡が来ていますが、事実確認中です。足の負傷からモチベーションの低下を親しい人間にこぼしていたようです」

 

やはり「足の負傷からモチベーションの低下を親しい人間にこぼしていた」との事なので
足の負傷と言いつつ「モチベーション」つまり「精神的ショック」が大きかったことを
示す発言をしたようです。

シュートボクシングを辞めると自身で決めた以上は後に引かないと思うのですが、
せっかく8年もの間「格闘家」として頑張ってきたのですから、ぜひ今後も格闘家として
他のスポーツでもいいので「姿」が消えないように頑張って頂きたいものです。

 

スポンサードリンク

 

◇ MIOさんの身長・体重・本名は?

 

この度のシュートボクシング界からの引退を受け、別に今更調べるものでは無いと
思いますが、また格闘界に戻って欲しい願いと、さらなる期待を込めてMIOさんの
「身長・体重・本名」をご紹介させて頂きます。

・本名  津村 澪(つむら みお)
・身長  153cm
・体重  48kg

 

意外だったのが身長「153cm」しかなかったんですね!

キックボクサーは足を延ばす機会が多いので、150cm代だとは思っていませんでした。
それだけ「貫禄」があった「シュートボクサー」だったんですね♪
本当に辞めるのがもったいないです。涙;

 

м?оさん(@mio_2630)がシェアした投稿 –

引用元【ツイッター(MIO)】

 

今や全世界から注目が集まっているボクシングチャンピオンの「井上尚弥」選手、
ボクシングの名門「大橋ボクシングジム」を代表する「WBA、WBC、IBF」の3階級王者
「八重樫東」選手、女子シュートボクシングの代名詞でもありMIOさんを妹として
親しんでいる「RENA」選手達との一枚ですが、全員同じような身長でありながら
世界を股に活躍している「布陣」達が集結した中にMIOさんが入っているので、
身長が低いとは感じられられません。

 

スポンサードリンク

 

◇ MIOさんの芸能界入りは?
 
 
MIOさんは身長は少し低めですが、ルックスやファッションあるいは顔形など、
「美人格闘家」で有名なシュートボクサーの「RENA]選手に勝らぬ女性力があるので
今後もし、芸能界から良い話があればそちらの道へ進むこともありえると思います。
 

м?оさん(@mio_2630)がシェアした投稿 –

引用元【ツイッター(MIO)】

 

芸能事務所に入りつつ「スポーツ界」で活躍している選手は何人もいますし、むしろその方が
全国区に早く名前が知れ渡ると思うので、ぜひ芸能界への道も考えて欲しいところです。

最近陸上界で話題の「桐生祥秀」選手はアミューズ、現米野球選手「田中将大」投手や
「菊池雄星」投手はホリプロ、同じく米野球選手で「レンジャーズ所属」の「ダルビッシュ
有」投手はエイベックス、元野球選手では「石井一久」氏が吉本興業など、様々スポーツ界の
名選手達も日本の芸能プロダクションに所属しながら活躍されているので、
是非「MIO」さんにも機会があったならタレント・モデル・女優でも良いし、スポーツ
選手でも良いし、芸能人としても活躍して頂きたいですよね(^^♪!!

 

■ MIOプロフィール

本名
津村 澪
読み
つむら みお
生年月日
1995年4月14日
仕事
元シュートボクサー
出身地
大阪府大阪市
所属事務所
シーザージム
血液型
A型

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です